声に出す英語学習にフォーカスしたゲームアプリ「鬼桃語り」が2周年イベントを開催!

「鬼桃語り」がリリース2周年を迎えます!

リリース2周年を祝して、さらに学習がたのしくなるイベントを各種開催します。

株式会社E-Times Technologies(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:吉田 宏徳)は、2017年12月1日から2週間、iOS/Android向け無料アプリ、『鬼桃語り【英語学習&本格RPG】』において、「さらに英語学習が捗るリリース2周年の記念イベント」を開催します。


「さらに英語学習が捗るリリース2周年の記念イベント」内容

期間限定ミッション


期間中はゲーム内で英語の発音をすればするほど豪華なご褒美がもらえるミッションをご用意!
たのしく英語を発音して豪華な景品をもらっちゃいましょう!
ミッションは課金アイテムの宝桃から激レアアイテムの豪華ご褒美までもらえるミッションを20種ご用意!

新英語ステージのリリース

2周年の記念イベントと合わせて「英語文法の前置詞」をテーマにした新しいイベントステージとマップをリリースします!
場所や時間を表す「in/at/on」や「all/every/each」などの正しい使い方と表現をたのしくゲームで学べる内容になっています!

<新しい文法マップと学習バトルのイメージ>


「2周年ガチャ祭」の開催


ゲーム内ガチャでは「2周年ガチャ祭」を開催!
11連ガチャでは初回から激レアアイテムが1つ以上確定の特別ガチャをご用意!
強力な武器と新しく「妖怪むすめシリーズ」の進化をラインナップに追加します!
さらに、11連ガチャの特定回数で割引や激レアアイテム確定もご用意します!




『鬼桃語り』の簡単なご紹介

舞台は室町時代、世界は悪い鬼たちに支配されています。この世界を救うためにプレイヤーは桃太郎になり、仲間たちと鬼退治をしながら「英語が話せるスキル」を習得していきます。
『鬼桃語り』はゲームだからこそ続く英語学習をテーマに、プレイヤーが英語を話せるようになるまでの「成長」を物語にした”英語なのに純和風”というちょっと変わった英語ロールプレイングゲームです。
『鬼桃語り』の特徴として、プレイヤーの英語発音精度を採点し、その点数が攻撃力になるというバトルシステムを採用しています。
実際の会話で使える英語のフレーズや単語の理解だけでなく、プレイヤー自身の発音の上手さによりバトルが有利になるというゲームです。
発音バトルだけでなく、声が出せない環境でも遊べるタップバトルや単語を修行するシステムもご用意しています。
『鬼桃語り』は大人から子供まで無料で楽しく遊びながら「コミュニケーションできる英語」を学ぶ、学習の継続を意識したゲームです!


『鬼桃語り【英語学習&本格RPG】』の概要

▼ Android版 Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.etimestech.onimomo
▼ iOS版 iTunes App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/id1023320601
利用料金:
アイテム課金制(基本プレイ無料)
カテゴリ:
教育/ゲーム
バージョン:
3.3.4
販売元/運営:
株式会社E-Times Technologies
▼ 『鬼桃語り【英語学習&本格RPG】』公式サイト
http://www.onimomogatari.com/
▼ 公式Twitterアカウント
https://twitter.com/onimomogatari

株式会社E-Times Technologies 会社概要

本 社
〒104-0045
東京都中央区築地1-9-2
伊勢常ビル2階
設 立
2004年4月
URL
https://www.etimestech.jp/
【本件に関するお問い合わせ先】
企業名
株式会社E-Times Technologies
Email
contact@etimestech.jp
担当者名
大川(オオカワ)